育児支援・ひとり親支援・動物愛護活動支援など、元小児科医の経歴を活かし様々なボランティア活動を行います。お気軽にご相談ください。

Site Map

私の育児に関する持論 Part1

産休・育休が終わったらお仕事に戻ろうと考えていらっしゃるママへ・・・

 私の元小児科医としての“育児”自論を述べたいと思います。お母様達の中には、結婚後もお仕事を続けていらっしゃる方が沢山おられると思いますい。お子様が産まれる事になってお仕事の継続をどうしようかと悩まれる方も多いのではないでしょうか?現在は、産休・育休の制度がしっかりして来ましたし、場合によってはお父様が育休を取られる事も選択肢として選べる様になって来たので、昔とは違い休暇後の職場復帰の可能性が広がっている様に思います。

 私は、独り者ですし、出産の経験もありません。子供もいないのですが、産後直ぐに職場復帰をする事が本当に良い選択肢なのか?と少し賛成出来ない思いがあります。私は、育児はこの世で最高の大仕事と思っているからです。たった一人の目の前にいるお子様とその子との時間を十分に満喫して頂きたいと思っています。その時間は、お母様にとっても赤ちゃんにとっても二度とない経験を積める時だからです。そして、たとえ2人目、3人目のお子様が誕生しても決して同じ経験は出来ない事だからです。できれば期間的には0歳~6歳まで一緒にいられる環境があると理想的だと思います。その年齢までは、お子様にとって一生の内で将来を決定する位の大事な時期だからです。

 お母様の中には、『育児に追われて余り睡眠も取れず、世の中から一人だけ取り残されている。』と感じてしまう方もおられる様です。赤ちゃんが生まれて特に3ヶ月未満の頃はMilkとオムツ交換だけでもお母様の手が止まる事がない位お忙しいと思います。でも、それを過ぎると最初はゆっくり、次第に加速してジェットコースターが降る時の様にお母様の手を煩わさなくなってきます。それは、グラフで描くとお子様の成長と丁度対照的に曲線が描けます。ご出産の経験のあるお母様は、『その通りだわ!』と感心されていませんか?その変化を是非初めてお母様になられた方には実感して欲しいと私は思っています。

 仕事の代わりはいくらでもいるけれど、育児の大仕事が出来るのはママだけ!(パパ、お婆ちゃま、ごめんなさい。お二人はママのあくまで代役だと私は思っています。)仕事の代わりはいくらでもいると言われるし、今仕事を手放すと仕事を失ってしまうから・・・と継続を選択せざるを得ないと思っているお母様はいらっしゃいませんか?そういう方にこそ是非、かけがえのない時をお子様と過ごして頂きたいです。仕事で得られる収入より遥かに大切なものがお母様の心に残ります。

 ママも赤ちゃんも今という瞬間は今だけしかない大切な時。それ位日々赤ちゃんもママも成長しています。赤ちゃんの体重の変化くらいママの心にも+αの何かが追加されて行きます。そんなに人間として成長出来る機会なんてきっとないと私は確信しています。

 脳細胞は、140億個~160億個。数が増えることはありませんが、赤ちゃんが生まれた時の脳重量は、たったの300g。大人の脳重量は、1300g。3歳でその60%の重量。6歳で80%。10歳で大人と同じ重量になります。この脳の重量変化に見る様にこの時期の教育が一生を左右します。子供の教育に一番大切なのは、~6歳まで。その期間で習得した6項目(音感・言語・色彩・運動・社会・造形)の才能は、永久に維持出来ると言われています。その時期に育児に係る最も重要なキーパーソンはママです。『蛙の子は蛙』なのではなく、『カエルの子はカエルの環境を与えられる事によってカエルになる。』です。例えば、体操の内村選手は、選手だったご両親に連れられて練習場に行き、1歳過ぎからトランポリンで遊んでいました。盲目のピアニストの辻井 伸之さんは、お婆ちゃまが1歳の誕生日に贈った河合の本格的グランドピアノの玩具の鍵盤を叩きながら絶対音感を養いました。どちらも環境が無ければ育たなかった才能です。時間を掛けて赤ちゃんと接しながら、『この子の得意な事は6項目の内何だろう?』と考えながら赤ちゃんに声を掛け、オムツを替え、Milkをあげ、抱っこし、添い寝し、お風呂に入れ、明日はこんな事して一緒に遊んでみようか?私はこれが得意で、こんな風に教えてあげられるからやってみようか?なんて考えていたら1日なんてあっという間。そんな風に赤ちゃんと向き合って頂きたいです。代役のいる仕事は、焦ってしがみ付かなくとも時がくればその代役が自分に回ってきます。今本当に時間を掛けてやらなければいけない事はなんだろう?目の前にいる赤ちゃんを見ながら自問自答してもう一度考えてみて下さい。

オムツ交換をしながらこれからのママと赤ちゃんの生活を思案するイメージで

PAGE TOP