育児支援・ひとり親支援・動物愛護活動支援など、元小児科医の経歴を活かし様々なボランティア活動を行います。お気軽にご相談ください。

Site Map
  • トップ
  • コラム
  • 都知事選の結果に思う事 ~結果を受けて、こんな突飛な考え方は如何かな?~

都知事選の結果に思う事 ~結果を受けて、こんな突飛な考え方は如何かな?~

2024/07/10

   私は、現在都内に住んではいないので、都知事選には参加出来ないのですが、候補者の方々の戦いや投票率はとても関心があり、興味深い選挙でした。
 取り分け、投票率が高く、前回を上回っていた事、沢山の若い方々が投票に出向いて下さった事、今の自分達の為にどの方に何をやって頂きたいかをきちんと示した選挙だったのではないでしょうか?小池 百合子氏が2,918,015票と2位との差を大きく開けて当選された事は、私的には嬉しい結果でした。一方で、自身の所属していた政党を離党し、無党派層・若者の票を得たいと言っていた候補者が、結果として所属していた政党を始め、応援する政党の助けを頼っている選挙戦やり方に、若者の票は2位の石丸氏に流れ、無党派層の方々からは、『結局政党頼み!』とそっぽを向かれてしまい、3位の結果に終わってしまいました。2位の石丸氏は、若者の心をどうやって引き付けるかの戦略が見事に当たり、そして多分、選挙費用はかなり抑える事が出来た事を示す素晴らしい結果だったと思います。
 選挙戦を終えて、石丸 伸二氏は、『今後に関しては、決めていない。』とのコメントを発表されました。石丸氏は、2番目はお嫌いでしょうか?そして、小池氏は、選挙戦を戦ったお相手に都政への協力を願い出る事はお嫌でしょうか?私は、突飛も無く、『2人で協力し、4,576,378(お二人が得た投票数の合計)の支持者の方々を始め、都民全ての方に政治家としての力を注いで頂けないものだろうか?』と選挙が終わってからずーっと考えております。都知事・副都知事として2人で協力し、これからの都政を担って下さったら鬼に金棒ではないでしょうか?政党の利益の為ではなく、都民一人一人の若者からお年寄りまで、全ての年齢層にお2人の利点を活かしつつ、都民側を向いて、政治活動を進めていく事が可能になるのではないでしょうか?東京が良い方向を向き始めれば、日本全国が少しずつ必ず変わります。この戦いを戦いの勝ち負けに終わらせるのではなく、今後の政治の糧にして頂きたいです。
今回の選挙を見ても、多くの若者たちが、ただ1票を投じるのではなく、自分達の為に誰が、何をしてくれるか、考えて投票をしている事は投票数を見れば私は感じ取れます。若者あっぱれ!です。どうぞ、これからも自分の1票を大事にして頂きたいです。それ位今回の都議選は意味のある戦いだったと思います。
選挙戦の敗北を受けて、ある党では、既に次なる選挙戦をどう有利に戦うかを思案している方々がおられます。自分達の勝ち負けばかりに拘り、選ばれた方がどう国民と向き合ってどの様に政治を進めるかがまず大切なんではないでしょうか?選挙には負けても、その政治理念がしっかりしている政党を国民は見て、その一挙一動に期待しています。その国民一人一人が、その為に仕事をする方に投票するんです。見ている方向を間違ってはいませんか?考えなければいけないのは、選挙戦をどう戦うかではなく、政治家としてどう国民と向かい合うかです。戦いにさえ勝てば良いのではないです。その事は。私を始め沢山の国民を失望させているのではないでしょうか?もう一度、考えてみて下さい。
都内にも住んでいない私が余計な口出しではあるのですが、これから私の住んでいる地域を始め、日本全国に変化をもたらす大きな素敵な波だったと思うので、ちょっと一言お話しさせて頂きました。

 

PAGE TOP