育児支援・ひとり親支援・動物愛護活動支援など、元小児科医の経歴を活かし様々なボランティア活動を行います。お気軽にご相談ください。

Site Map
  • トップ
  • コラム
  • ある会社の冊子を読みながら感じた事 ~思いの伝え方って難しい!~

ある会社の冊子を読みながら感じた事 ~思いの伝え方って難しい!~

2024/06/19

              ~冊子を読んでいつも感じる思いを伝えたのですが、思いの伝え方って難しい!~
            🌹自分は、残りの人生悔いが残らない様な生き方を選びます。🌹
 私は、読書家ではありません。でも、歳をとるにつれ、本の読む量は増えているでしょうか?“本”には入らないかもしれませんが、通販で購入している会社から送られて来る冊子は、一応目を通します。生活のアイディアや生きる為のヒントを与えてもらえる事が多いからです。わざわざ本を購入しなくともfreeで手元に届くのも魅力の一つです。
 品物の購入に通販を使い出してからその便利さにもはまっていて、そのお陰で冊子も受け取れて、一人で得した気分になっています。今日お話ししたい内容のある社の冊子も結構長く読ませて頂いています。この所、その会社では冊子のリニューアルをしました。内容ばかりでなく、冊子の大きさ、中の文字の大きさまで、社内で冊子担当者がいらっしゃる様で、お客様のお声を反映して・・・と言う事でした。
 その冊子を読みながら、次第に『こんなに綺麗事だけの中で個人個人が仕事を続けて行くって、心は窮屈じゃないのだろうか?社の人みんなが同じ思いでいられるのかな?』とフッと思いました。『そこ違うんじゃない!』と思っている人でそれを言えない人がいるんじゃないかなとも思いました。綺麗事ばかりで、読んでいる私も綺麗事に心が洗われると言うよりは、窮屈さを感じました。本音で、自分らしく生きたいを貫いている私は、そんな思いが伝えたくて、“ご意見・ご感想”を送らせて頂いたのです。何もしないで、読んで『窮屈!』って思うなら、読むのを止めて、処分しちゃえば良いじゃん!なんですが、そこはこうるさバーバなんです。そこで購入させて頂いている商品は、私には生活必需品で、今まで長くお付き合いさせて頂いて来ましたし、今後もお付き合いさせて頂く必要があります。出来れば、思いも通じるお相手とのお付き合いが出来たらと思いました。
 Mailを送って、返信はすぐに頂けたのですが、正直今は『思いの違うお相手で、思いを感じ取っては頂けなかった。』と言う思いでいます。常に上を・・・上を・・・目指している会社で、顧客に対してもその意見は思いを重く受け止めて・・・と対応されて下さる会社です。良い会社じゃん!です。でも、何かマイナスな事が起こってもそこを詳しく伝えて頂く事は今までになかったと思います。どんな事も全て・・・とは申しませんが、時にはマイナス面の弱音を吐いて下さるから、持ちつ持たれつの良い関係が出来上がるのではないでしょうか?どちらか一方が常に相手側を受け入れ、常に現状とは違う上を見ていたら、受け入れられている側は相手任せでその関係が心地良いでしょうか?私なら離れて行きたくなります。自身の弱音が吐けないからです。古い物でも十分良かったのに・・・と、そこそこで十分な私には、正直な思いが伝えられないからです。
 私みたいに社会から見たら不利になる条件(独身、年金暮らし、ケチンボetc.etc.)を先ず言ってしまう様な馬鹿な人間は余りいないかも知れません。でも、私はそれを言ってもお付き合いしたり、時に食事に誘って頂けたり、お話ししようと声を掛けて頂ける人と本音で付き合いたいし、お話ししたいし、お食事したいです。相手側が弱音を吐きたい時はそのお話を聞き、困った時には一緒に対策を考えてあげる、傍にいてくれるだけで良い時はただ傍にいてあげたいです。
 そう言うお付き合いが、もう人生残り1/3になってしまったバーバとしては、悔いの残らない様にしたいです。

 

PAGE TOP